バリ島おすすめの観光旅行情報とダイビング水中写真 BALIの風景写真

BALIバリ島各地のおすすめ名所観光ポイントやトランバン・ムンジャンガンなどで撮影した水中写真と自然の風景写真のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fotolia


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バリ島 トランバンのドロップオフポイント情報

トランバン ドロップオフ


うっかり昼の写真を撮ってなかったので、
夜のトランバンのドロップオフポイントの写真です^^;

写真左奥の岬の先端方向にドロップオフがあります。
写真左側には、雨期に大雨が降った際に流れ込む泥地の斜面が続いていますね。



バリ島トランバンのドロップオフ1


エントリーしてドロップオフ方面へ振るとすぐあらわれるのが、
メアジの仲間のオックスアイ(学名Selar boops)ですね。
300匹ぐらいの群れで歓迎してくれます。
ほとんど同じ所で動かずに群れているので写真は撮りやすいですね。


バリ島トランバンのドロップオフ2


ドロップオフには大きなウミウチワやオドリカラマツなどがあり、
垂直に切り立つ壁面をフチドリハナダイやオオテンハナゴイなどが彩ります。
ワイドもマクロもなかなかおもしろいポイントです。

船着き場正面(写真左側)の小さなゴロタ地帯は、
ウミウシがたっぷりいましたね。


その他の生物:
ハナビラクマノミ、バイカラードティーバック、オドリハゼ、
メイタイシガキフグ、ホヤカクレエビ、パープルビューティー、
オレンジダムゼル、ヒオドシベラ、シモフリタナバタウオ、
ミナミキントキ、アオマスク、ラボックラス、フィラメントフラッシャーなど。
Fotolia


スポンサーサイト

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/26(金) 00:00:13|
  2. ポイント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バリ島 トランバン近辺ポイント情報 スラヤ

トランバン近辺のダイビングポイントの一つに、
スラヤというポイントがあります。


トランバンから車で15分ほど海岸線を南へ下ったところにあるのですが、
ここがまたドロドロの泥ポイント!
手をつくと肘までぬかるんでいきます(嬉)

もし下手に泥を巻き上げようものなら、文字通り視界ゼロです。
視界から泥がはれるまでうかつに動けなくなります。
お互いの呼吸音で位置を確認するという、なかなかにハードなダイビングです。


バリ島 ヒトデヤドリエビ



しかし生物は豊富です!!

小さなヒトデを覗いてみるとヒトデヤドリエビ(画像には何匹写っているでしょう?)
が所狭しとひしめき合っていますし、
泥地にすむ主にヤツシハゼ属の多様な共生ハゼがあちこちに見られます。
(うひょ~ヽ(^o^)丿)

ハゼの画像はまた後日。


バリ島 ヒカリイシモチ


日本のイイジマフクロウニによく似た
Fire Urchin(Asthenosoma varium) を覗いてみると、
ヒカリイシモチ?や、



バリ島 コールマンシュリンプ


コールマンシュリンプもついています。



バリ島 ???の幼魚


ヒラムシに擬態している大きさ2cmほどの
ヒラメの仲間の幼魚も泥地に落ちていました。


今回のバリツアーのマクロポイントでは、
このスラヤが一番おもしろかったポイントです。

やはり生物的には泥地が一番おもしろいですね~。
本気出して探すとぼろぼろといろんな生物が出てきます。
今回は2ダイブで70種の生物を撮影できました。
ここでナイトしたら本当におもしろいだろ~なぁ・・・。

15mまではそれなりな感じなのですが、
特にそれ以深の20m付近から大フィーバーです。
ぷちシークレットベイといったところではないでしょうか?

スラヤ、超お勧めです。


Fotolia


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/16(火) 22:15:52|
  2. ポイント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バリ島 トランバンのボートポイント情報


トランバンのミンピリゾートのすぐ隣の海岸から、
小さなボートに乗って約10分。

今にして思うと、トランバン近辺をいろいろバイクで案内してくれたコマン君が、
途中で連れて行ってくれた浜辺の寺院のほぼ正面あたりのポイントだと思います。
たぶん、買い手を探しているという日本人経営者のホテルのすぐ目の前の海です。


ジュクンと呼ばれている乗船する地元のボートはとても小さく、
定員は3人といったところでしょうか。


トランバン ボートポイント2



船長、


トランバン ボートポイント




ガイド、


ゲスト、と乗るともういっぱいです(笑)
短い乗船時間の間、右を見るとバリで一番高いアグン山を楽しむことができます。


トランバン ボートポイント3



海中の光景は、サンゴの周囲に群れるハナダイ系や、チョウチョウウオの仲間、
スズメダイの仲間やベラ・ブダイの仲間が多く、
岩場と砂地との境目沿いを進んでいくと大きなウミウチワやイソバナがあっておもしろかったです。

カスミチョウチョウウオ、ナポレオンフィッシュ×2、
ゴシキエビなども見ることができました。

トランバンのビーチポイントに比べて透明度が良く、
雨期でも25mぐらいの透明度にこの日は恵まれました。


バリ島 トランバンのボートポイント


1ダイブで約300枚。
とても気持ちよくワイド写真が撮れました。


バリ島 トランバンのボートポイント2

Fotolia


  1. 2010/02/15(月) 23:51:19|
  2. ポイント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バリBALI トランバンの沈船ポイント情報

バリBALI トランバン沈船風景1


トランバンの北西端にある沈船ポイントの写真です。


この沖合わずか30mのところに、
日本軍に沈められた米軍の貨物船リバティ号が眠っています。
トランバンのポイントの中でもっとも有名なポイントがこの沈船ポイントです。

沈船は外人が特に好むので、
毎日(雨期の平日)30人前後の多種多様な国籍のダイバーが潜っていました。


バリ島 トランバンの沈船ポイント情報



トランバンの沈船ポイントでは、
通年ギンガメアジのトルネードを見ることができます。
(たまにロウニンアジに追われてお出かけしていることも?)


バリBALI トランバンのギンガメアジのトルネード1




体験ダイビングでの餌付けも行なわれているので、
朝イチにダイバーを見かけるとお腹が減った魚たちが近寄ってきます。
ちょっとうっとおしいぐらいです(笑)


バリ島 トランバンの沈船ポイント 体験ダイビング

↑何も持ってないのにこの有様(笑)


他、ゴールドスペックジョーフィッシュ、
クダゴンベ、バサラカクレエビ、ツバメウオ、
ピンクスクワットロブスターなどなど見ることができます。
Fotolia


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/09(火) 20:15:36|
  2. ポイント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

saysea3

Author:saysea3
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ワイド (水中写真) (4)
マクロ (水中写真) (0)
風景写真 (陸上) (8)
人物 (0)
その他 (0)
未分類 (0)
ポイント情報 (4)
はじめに (1)
スナップ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。