バリ島おすすめの観光旅行情報とダイビング水中写真 BALIの風景写真

BALIバリ島各地のおすすめ名所観光ポイントやトランバン・ムンジャンガンなどで撮影した水中写真と自然の風景写真のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fotolia


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サリダイブ バリ島北西部ダイビング情報

さて、トランバン近辺の情報は少し置いておいて、
ムンジャンガン近辺のお話をしようと思います。


バリマップ サリダイブ


いろんな方の勧めもあり、バリ島北西部にある、
インドネシアのカリスマガイド大西サトミさん率いるサリダイブを利用させてもらいました。


サリダイブスタッフのみなさん

サリダイブのみなさん


サリダイブ1

桟橋から


サリダイブ4

涼しく過ごしやすいサービス


サリダイブ3


サトミさんの経験が余すところなく注ぎ込まれている、
新しく建設されたとても快適な宿泊施設が併設されています。


サリダイブ2


昼夜セキュリティが二人体勢で常駐しているので、
いろいろな心配も不要です。
滞在中も安心して過ごすことができますね。

スタッフのみなさんのホスピタリティも素晴らしく、
とても良いサービスが受けることができます。

それに、自分が何より気に入ったのが開放感です。
どこまでも続いていく、きれいな青空が最高なんですよね。
朝から晩まで、一日中気分良く写真を撮ることができます。


サリダイブはのんびりできて、
とても快適なダイビングサービスでした^^

ダイビングの情報はまた後日。 Fotolia


テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/21(日) 23:11:14|
  2. ワイド (水中写真)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バリ島 SARI AYU号の夜明け

サリダイブの朝景


バリ島北西部のスンバルキーモ付近にあるサリダイブの桟橋から。

素晴らしい夜明けの風景。
今日も良いダイビングができそうです。 Fotolia


テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/19(金) 23:46:12|
  2. 風景写真 (陸上)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バリ島 トランバン近辺ポイント情報 スラヤ

トランバン近辺のダイビングポイントの一つに、
スラヤというポイントがあります。


トランバンから車で15分ほど海岸線を南へ下ったところにあるのですが、
ここがまたドロドロの泥ポイント!
手をつくと肘までぬかるんでいきます(嬉)

もし下手に泥を巻き上げようものなら、文字通り視界ゼロです。
視界から泥がはれるまでうかつに動けなくなります。
お互いの呼吸音で位置を確認するという、なかなかにハードなダイビングです。


バリ島 ヒトデヤドリエビ



しかし生物は豊富です!!

小さなヒトデを覗いてみるとヒトデヤドリエビ(画像には何匹写っているでしょう?)
が所狭しとひしめき合っていますし、
泥地にすむ主にヤツシハゼ属の多様な共生ハゼがあちこちに見られます。
(うひょ~ヽ(^o^)丿)

ハゼの画像はまた後日。


バリ島 ヒカリイシモチ


日本のイイジマフクロウニによく似た
Fire Urchin(Asthenosoma varium) を覗いてみると、
ヒカリイシモチ?や、



バリ島 コールマンシュリンプ


コールマンシュリンプもついています。



バリ島 ???の幼魚


ヒラムシに擬態している大きさ2cmほどの
ヒラメの仲間の幼魚も泥地に落ちていました。


今回のバリツアーのマクロポイントでは、
このスラヤが一番おもしろかったポイントです。

やはり生物的には泥地が一番おもしろいですね~。
本気出して探すとぼろぼろといろんな生物が出てきます。
今回は2ダイブで70種の生物を撮影できました。
ここでナイトしたら本当におもしろいだろ~なぁ・・・。

15mまではそれなりな感じなのですが、
特にそれ以深の20m付近から大フィーバーです。
ぷちシークレットベイといったところではないでしょうか?

スラヤ、超お勧めです。


Fotolia


テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/16(火) 22:15:52|
  2. ポイント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バリ島 トランバンのボートポイント情報


トランバンのミンピリゾートのすぐ隣の海岸から、
小さなボートに乗って約10分。

今にして思うと、トランバン近辺をいろいろバイクで案内してくれたコマン君が、
途中で連れて行ってくれた浜辺の寺院のほぼ正面あたりのポイントだと思います。
たぶん、買い手を探しているという日本人経営者のホテルのすぐ目の前の海です。


ジュクンと呼ばれている乗船する地元のボートはとても小さく、
定員は3人といったところでしょうか。


トランバン ボートポイント2



船長、


トランバン ボートポイント




ガイド、


ゲスト、と乗るともういっぱいです(笑)
短い乗船時間の間、右を見るとバリで一番高いアグン山を楽しむことができます。


トランバン ボートポイント3



海中の光景は、サンゴの周囲に群れるハナダイ系や、チョウチョウウオの仲間、
スズメダイの仲間やベラ・ブダイの仲間が多く、
岩場と砂地との境目沿いを進んでいくと大きなウミウチワやイソバナがあっておもしろかったです。

カスミチョウチョウウオ、ナポレオンフィッシュ×2、
ゴシキエビなども見ることができました。

トランバンのビーチポイントに比べて透明度が良く、
雨期でも25mぐらいの透明度にこの日は恵まれました。


バリ島 トランバンのボートポイント


1ダイブで約300枚。
とても気持ちよくワイド写真が撮れました。


バリ島 トランバンのボートポイント2

Fotolia


  1. 2010/02/15(月) 23:51:19|
  2. ポイント情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バリ ギンガメアジのトルネード

バリBALI トランバンのギンガメアジのトルネード4


トランバンでのダイビングといえば、
沈船ポイントに群れるギンガメアジとのランデブー。

トランバンの沈船ポイントのギンガメアジは、
まるで渦を巻くようにぐるぐると回転しながら群れています。


ある程度普通に撮った後、
これだけじゃ結局誰が撮っても同じ写真だ、
と思い、そのトルネード感をスローシャッター+カメラを回転させて表現しました。


キヤノン5D mark2
f8 Iso100 1/30秒 ストロボINON Z-240×2
Fotolia


テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/14(日) 00:00:01|
  2. ワイド (水中写真)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

saysea3

Author:saysea3
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ワイド (水中写真) (4)
マクロ (水中写真) (0)
風景写真 (陸上) (8)
人物 (0)
その他 (0)
未分類 (0)
ポイント情報 (4)
はじめに (1)
スナップ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。